世界のビックリニュース 5月22日

5月22日(月曜日)の世界のビックリニュースです。(06時14分更新)

最新情報   トップページ

これはわかりやすい!カエルの卵が細胞分裂を繰り返していく様子がわかるタイムラプス動画

新陳代謝、細胞分裂。普通に暮らしていたらまったく気にも留めないことだが、一説によると人間の細胞は3か月で入れ替わるという。正確には体の部位によって5日から3年と、かなり異なるのだがとにかく体の細胞は入...



意外と気さくでさらに胸キュン。世界で一番ハンサムなウマ、フレデリック・ザ・グレート

ウマっていうと、大体やっぱり細長い足だったり優しい目だったり、その賢さややさしさを思い出すんだけど、どうもそれだけじゃないらしい。全世界の乙女と乙女じゃない人までもれなくキュンとさせるイケメンが発見さ...



猫と最もよい関係を築けるのは大人の女性。研究で明かされる猫と人間の関係性(英研究)

室内だけでも飼うことができ、あまり手がかからず、適度な距離感を持って接してくれる猫。そのエレガントな身の振る舞いが大好きだという人がいれば、一方で、腹立たしほど自分勝手で、冷たくて、よそよそしいと感じ...



濡れた子犬みたいだろ、でもこれプリンなんだぜ・・・タイ発のリアルすぎる「子犬プリン」にネット民が困惑

今、海外のネット民を騒がせているのが、タイのスイーツ店が生み出したココナッツプリンだ。ココナッツプリンはタイでお馴染みのスイーツであり、それ自体は何ら不思議なことはないしむしろ普通。だが、違う。見た目...



パターン青、新色です!偶然によって発見された完璧に近い「青色素」がついに発売(アメリカ)

2009年、オレゴン州立大学(OSU)の化学者が、思いがけないことから、鮮やかな新しいブルー色素を発見した。現在この「青」は市場に出回り始めていて、塗料や合成樹脂として幅広く活用されることになる。クレ...



雪の玉みたいにまん丸なドイツ伝統のお菓子「シュネーバル」の作り方【ネトメシ】

ドイツ、ロマンチック街道沿いにある中世都市、ローテンブルクには古くから伝わる伝統のお菓子「シュネーバル」がある。シュネーバル(Schneeball)は直訳すると「雪の玉」を意味し、その形はコロコロとま...



【全米震撼】美人ブロンドFBI捜査官が「ISの花嫁」に! 超有名テロリストラッパーと“禁じられたロマンス”の果てに… 衝撃の末路

米CNN(5月2日付)によると、FBIは女性捜査官が、取り調べ対象の「イスラム国(IS)」勧誘員と、ひそかに結婚していたことを正式に認めたという。この事実は、これまで米裁判所が情報公開を禁止していたが...



木から落ちて意識を失った男性の体を守るような姿勢で離れようとしない犬(アルゼンチン)

アルゼンチン、ブエノス・アイレスのペルガミーノに住むジーザス・ヒラチさんは、自宅の庭の木の枝の手入れをしていたところ、うっかり足を滑らせて、2メートル下のコンクリートの歩道に頭を打ちつけてしまい、その...



魚の目に寄生して、魚を意のままに操る恐ろしい寄生虫の生態が明らかに(ロシア研究)

寄生虫は宿主に寄生し、自らが生き延び、繁殖するために宿主をコントロールする。様々な動物たちが巻き込まれているが、魚も例外ではなかったようだ。魚の眼球に潜む寄生虫、ジプロストマム・シュードスファテセウム...



5月23日までに朝鮮半島が南北統一される!? 予言者3人が見た「世界と日本の行く末」が超恐ろしい!

今月9日、韓国で「親北派」とされる文在寅(ムン・ジェイン)氏が大頭領に当選した。文在寅氏は、南北間の日本海圏エネルギー・資源ベルトと西海圏産業・物流ベルトなどを建設することで、南北間の経済的な統合を目...



超古代文明の遺跡か、エイリアンの土木工事跡か!? 南極の氷床下に眠る“エッフェル塔級”の巨大構造物が確認される!

古代ギリシア時代から“未知の大陸”として、その存在が予言されていた南極大陸。この場所では近年、数多くの奇妙な物体が次々と発見されている。2012年には、ロシア国防省が南極氷底湖・ボストーク湖から“黄金...



いったいなぜ?岩でゴツゴツしていた浜辺がたった10日で砂浜に変わるというミステリー(アイルランド)

33年前の嵐により砂が押し流され岩場となってしまったアイルランド、アキル島ドオアー村にある浜辺があっという間に復活したという。浜辺は元々そこにあったのだが、1984年春に襲った嵐が一切の砂を押し流して...



1匹+1匹は無限大!小型犬と大型犬の名コンビがおねだり上手で仲良し。

三人寄れば文殊の知恵、といった言葉もあるように1人よりは複数でいた方が何かとことをなし得やすかったりする。どうやらそれは犬たちの世界でも一緒のようだ。アメリカ、ミシガン州にお住いの、アドリアナ・バーク...



アメリカの超怖い未解決事件「箱の中の男の子」が謎すぎる! 正体不明の不気味な遺体…FBI・医師・霊能者も完全にお手上げ

アメリカには数々の未解決事件があるが、その中でも今回紹介する事件は長年にわたり多くの人が謎の解明を試みたが、今もって未解決の奇怪かつ不気味な事件である。■ダンボール箱の中に男児の死体1957年2月25...



実は存在していなかったかもしれない。10の伝説の地について検証する。

歴史的文献に記載されている驚異的な建築物や世界七不思議。こうした伝説の地は大昔から人々の想像力を掻き立て、インスピレーションの源泉となってきた。しかし歴史とうものは、長い間に歪められて伝わるものである...



首なし修道女、ブルー・レディ、生首を抱える王妃…! 世界で語り継がれる恐すぎる女の亡霊5選

“お岩さん”や“トイレの花子さん”ほどの有名な幽霊話であれば、日本人なら一度は聞いたことがあるだろう。日本で語り継がれるのと同様に、世界各国にもその土地ならではの幽霊や亡霊に関する伝説が数多く残ってい...



ロボットに触覚を与える生体スキンが3Dプリント技術で開発される(米研究)

人工知能(AI)の肉体として、人間そっくりなロボット開発が盛んに行われている。これに関連して今回発表されたのは、ロボットが触覚で物体を感じることを可能にする柔軟な生体スキンだ。[動画を見る]3DPri...



ジェンダーバイアスに対する取り組み。歩行者信号機の表示サインをズボンからスカートに(オーストラリア)

「ジェンダーバイアス」とは、性別に関する先入観のこと。例えば「飛行機のパイロットは男性、客室乗務員は女性」とかいうものだ。でも実際には、女性のパイロットも男性の客室乗務員もいる。オーストラリアのメルボ...



死が二人を分けた後も... 交通事故で死んでしまった夫を3ヶ月間必死に探し続けるカナダガンのメス(アメリカ)

「健やかなる時も、病める時も、死が二人を分かつまで……」というのはキリスト教式の結婚式で使われる言葉だ。生きている限りお互いと添い遂げましょうという誓いの言葉である。実際に最後まで夫婦がその誓いを守る...



今流行の「1日おき断食ダイエット」は通常のカロリー制限とほとんど変わらないし挫折する人が多い。

欧米では1日おき断食ダイエットが流行っている。これは、摂取カロリーの標準値を大きく下回る断食日と、上回るがっつり食べる日を交互に設ける方法で、セレブを始めさまざまな人たちが驚くほど体重が減ると一様に絶...




最新情報   トップページ