世界のビックリニュース 8月20日

8月20日(日曜日)の世界のビックリニュースです。(23時23分更新)

最新情報   トップページ

子パンダころりんすっとんとん。モフモフ可愛い子パンダのコロコロ映像総集編

毎度おなじみ、パンダ子パンダで大人気の成都ジャイアントパンダ繁育研究基地から、モフモフ子パンダたちの新たな映像が届いたよ。さあみんな、飲み物だとか枕だとか、ほっこり和む用意ができたら動画へGOだ![動...



インパクト絶大。マオリ族の女性がアゴに施す聖なるタトゥ「モコ・カウアエ」(20世紀初頭)

ニュージーランドの先住民族、マオリ族の女性たちは、青年への通過儀礼として、アゴに入れ墨を施すという伝統的習慣があった。これは"モコ・カウアエ"(mokokauae)と呼ばれ、自らのアイデンティティの象...



そうだ、ゴミを見に行こう。世界9のゴミでできた名所

風光明媚で整備された場所だけが観光地ではない。例えばこんな場所はどうだろう?これらはみなゴミでできた名所なのである。無責任に捨てられたゴミの山が変身したカリフォルニアのグラスビーチや、意図的にゴミの山...



20年以上失踪していた父親はホームレスになっていた。父親と偶然再会した娘は一緒に暮らすことを夢見て(アメリカ)

先週始め、ひとりの若い女性が、長い間失踪していた自分の父親と思いがけない場所で再会してショックを受けた。「その男性が店に入ってきたときは、路上によくいる人だとしか思いませんでした」アイダホ州ポストフォ...



何年もガレージに閉じ込められていた耳の聞こえない猫。それでも人間を慕う気持ちは変わらなかった(アメリカ)

アメリカのテキサス州に、完全に聴覚を失っているにもかかわらずガレージに閉じ込められたまま何年もネグレクトされていた過去を持つ保護猫がいる。彼はノブスという名の12歳のオス猫で、半年ほど前に地元の保護団...



米軍の「最強兵士」プロジェクト。兵士の脳に埋め込むインプラント式インターフェースの開発

アメリカ国防総省の1機関、国防高等研究計画局(DARPA)はエリート兵士創出を目的とするいくつものプロジェクトを公開した。DARPAは、脳が感覚情報を処理する方法を解明するために、ニューラルネットワー...



冥王星で「巨大カタツムリ」が激写される! 移動した痕跡もクッキリ、専門家も興奮「背中の殻や頭も写ってる!」

2006年、準惑星への降格を巡って大きな論争を巻き起こした、“元”太陽系第9惑星「冥王星」。当時は冥王星の降格に世界が悲しみに包まれたが、その存在は徐々に人々の記憶から薄れていった。しかしこの度、冥王...



【警告】コックリさんより怖い! 幽霊や異次元を呼ぶ「危険すぎる降霊術」5選!試したが最後、あの世逝きも!?

人間は昔から、この世の存在ではない“何か”に強くひかれるのか、幽霊や悪魔を呼び寄せる遊びを行うことがある。日本でも“コックリさん”や“ひとりかくれんぼ”といった肝試しに手を出す人は多いが、それは海外で...



ゾウの気持ちに寄り添える。人間の言葉をゾウの鳴き声に変換してくれる翻訳サイトが登場

ゾウは我々人間と同じように仲間と会話したり意思の疎通をはかっている。人間の耳には聞こえない低周波音を使って10km以上も離れた仲間と会話するのだ。ゾウは挨拶や自分の行動など、実に100種類以上の言葉を...



男の勝負は筋肉がついてから?10年間かけて肉体改造に成功したヒゲオヤジが自らのビフォア・アフター画像を公開中。

太ってきたらダイエットしなきゃな・・・とか、ちょっと筋トレでも始めてみようかな・・・とか、思うには思うんだけど行動に移せるかどうかといえばまた別の話で、明日からいや明後日から・・・とかやってるうちに今...



思わず笑いがこぼれちゃう?動物たちのナイスタイミングなスナップ集

ペットのやることは予測不可能。ほのぼの写真を撮ろうと狙ったつもりでも、その瞬間に何が起こるか、誰にもわかりゃしないんだ。今日の写真集は、ナイスなタイミングでナイスな被写体となってしまった、ペットたちの...



放棄された場所で発見された10の不気味なもの

人間が住みつかない場所には2タイプある。一つは人間が住むには適していない場所である。例えば高温多湿な熱帯雨林の中やすべてが凍り付くほどの寒冷地帯である。そしてもう一つは不気味な気配が絶えず漂う放棄され...



左利きの人が日々直面している、ちょっとうんざりな10の事実

世の中はマイノリティに厳しく作られているんだよなー。人類の約10〜15%は左利きだといわれている。10人に1人だ。日本だと子ども時代に矯正されるからもっと比率は低いかもしれない。かつては「悪魔憑き」だ...



クレソンは超体にいいって聞いたので。クレソンが最大限においしく食べられるクレソンサラダのレシピ【ネトメシ】

海外の数々の研究により、クレソンは最強の野菜で、ストレスを軽減してくれるという結果が出ている。でも日本だと、ステーキの上にちょこんと乗っかったおかざり程度の印象しかない人もいるはずだ。だもんだから今回...



ディズニーが70年前に制作した性教育ビデオ『月経のお話』が革新的すぎる! 「タンポン禁止」も… “夢の王国”の知られざる裏歴史とは?

現在の“ディズニー映画”のイメージとは懸け離れた内容の一本の古いアニメビデオがある。これは1946年に、アメリカ国内の女子中学生に向けてディズニーが制作した保健教材ビデオ『月経のお話(StoryOfM...



ひょんなことからカササギを飼うようになった。以来ぞっこん!人生が変わるぐらいの運命的出会いだったという男性の物語(イギリス)

イギリスに住むチャーリー・ギルモアさんは、恋人のヤニーナさんの他に、一羽のカササギと一緒に暮らしている。ペットショップから買ってきたわけではない。ヤニーナさんの姉妹が出勤途中に保護したヒナを引き取った...



世界初。超小型のロボットを飲み込んで胃潰瘍を治すマウス実験に成功(米研究)

もうじきあなたの病気を治療するため、小さなロボットが体内に潜り込んで薬剤を投与するようになるかもしれない。世界で初めて、髪の毛の太さほどしかない極小のロボットがネズミの胃に抗生物質を送り届け、細菌感染...



【衝撃】米政府機関「皆既日食でビッグフットやリザードマンが出現する恐れ」! NASA職員も市民にガチ警告!

アメリカで50年ぶりとなる今月21日の皆既日食を前に、「サウスカロライナ州防災管理局(SCEMD)」やNASA職員がにわかに信じがたい注意を市民に呼びかけ、大きな話題となっている。なんと、超有名UMA...



科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!

世界はかくもユニークで謎に満ちている……。地球に存在する摩訶不思議な場所を、超メジャースポットからレアな所まで一挙公開!【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/08/pos...



想像の遥か上空をいくギガント感。超巨大サイズのプラスチックパイプが海岸に流れ着いて大騒ぎ(イギリス)

奇妙なクリーチャーから謎の死骸まで、海岸にはさまざまなものが流れ着く。先日、イギリス・ノーフォークの海岸には、巨大なプラスチックのパイプが漂着したようで、けっこうな騒ぎになっている。いやまあそうはいっ...




最新情報   トップページ