IT関連情報 3月2日

3月2日(金曜日)のIT関連情報です。(03時54分更新)

最新情報   トップページ

システムの脆弱性を可視化し、リスクマネジメントを支援――NTT Com、「脆弱性見える化ソリューション」を提供開始

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)が、新しいリスクマネジメント管理サービス「脆弱性見える化ソリューション」を開始。セキュリティリスクを可視化することで、経営者の事業継続に関わる判断を支援するとともに、CSIRTの管理業務の効率化、システム管理者の作業負荷軽減などを実現するという。



経費精算の申請・承認はモバイルアプリで――三井不動産、「SAP S/4HANA」+「Concur Expense」で経営基盤を刷新

三井不動産が、SAPのERP「SAP S/4HANA」、クラウド基盤「SAP HANA Enterprise Cloud」、コンカーの経費精算・経費管理クラウド「Concur Expense」を導入し、経営基盤システムを刷新する。経理業務を中心に、グループ全体の業務効率化や働き方改革の推進を図る。



PR: プロが明かす「簡単・シンプル」の本当の意味

複雑化した仮想環境の管理負荷低減が多くの企業で喫緊の課題となっている昨今、日々の運用を簡単・シンプルにするハイパーコンバーシドインフラストラクチャ(HCI)が、その解決策として急速に浸透している。だが、「どのベンダーのHCI製品も同じ」というわけでもなければ、「ただ導入しさえすれば全ての問題を解決できる」というわけでもない。では自社の運用管理課題を解決し、ビジネスに貢献する最適なシステムを実現するには、導入・運用に当たってどのような着眼点が必要なのか?――単に「製品を提供する」のではなく、「製品を通じて、お客さま各社にとってのメリットを提供する」ことをポリシーに、多数の企業をHCI導入成功に導いている日本電気(以下、NEC)に、プロの目から見た“HCI導入の本当の要件”を聞いた。



PR: ネットワールドのエキスパートが語る、「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の向こう側」

大手IT製品ディストリビューターであるネットワールドは、Nutanixに関して他に見られないユニークな活動を展開している。その理由は、Nutanixが単なるハイパーコンバージドインフラではなく、使いこなせばほとんどのユーザーの期待を超えるメリットがあるからだという。そこで、ネットワールドのエキスパートに、あらためてNutanixとは何なのか、HCIの導入効果を最大限に引き出すにはどうすべきなのかを聞いた。



PR: 第51回 企業の中で「Rubyコミッター」の看板を背負う覚悟と喜び

「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。



PR: Javaエンジニアは何を考え、どう行動すべきか? 急速に変化するエンタープライズJavaの世界

Java EEの開発、Oracle JDKの提供方針変更など、Javaの世界は大きく変化している。一方で、マイクロサービスアーキテクチャへの移行が提唱されている。Java開発者が今、本当にやるべきことは何か。長年Javaの開発に携わり、開発者への的確なアドバイスで知られるRed Hatのプロダクトマネジメント担当シニアディレクター、リッチ・シャープルズ氏に、率直に聞いた。



Intel、AIプロトタイプの市場投入を支援するプログラム「Intel AI: In Production」を発表

Intelは、デベロッパーによるAIプロトタイプの市場投入を支援する新プログラム「Intel AI: In Production」を立ち上げ、その最初のパートナーとしてAAEON Technologiesを選定した。



「食品ロス・廃棄」の解決に向けてAIで需要予測、NECと日本気象協会が協業を発表

NECと日本気象協会は製造、卸・物流、販売のバリューチェーン全体で需給を最適化するビジネスに関して協業すると発表した。



AD: なにっ! 富士通から『HCI』?
今なら特価キャンペーン実施中![18年3月まで] いますぐコチラへ

Ads by Trend Match



サーバレス、CaaS、PaaS――それぞれの利点と欠点

本連載では、サーバレスコンピューティングの概要とユースケース、コンテナオーケストレーションやPaaSとの使い分け方などを分かりやすく解説した、Cloud Native Computing Foundationのホワイトペーパーを完訳してお届けする。第2回は、コンテナオーケストレーション、PaaS、サーバレスの3つのクラウドネイティブアプリケーションプラットフォームについて、それぞれの想定ユーザー、長所と短所などを説明した部分を掲載する。



【 fdisk 】コマンド――パーティションを作成、削除する

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、パーティションの作成や削除などに使う「fdisk」コマンドです。cfdiskコマンドについても触れます。



某国某州「緊急事態管理庁」のパスワードを解析せよ!

情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第7列車は「パスワード管理」です。



Pivotal Labsに聞く、日本企業とエンジニアが共にハッピーになる方法

デジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、ビジネスが「ソフトウェアの戦い」に変容している。戦いの手段となるアジャイル開発やDevOpsはもはや不可欠なものとなり、実践に乗り出す企業は着実に増えつつある。だが国内での成功例は、いまだ限られているのが現実だ。そこで本連載ではDevOps/アジャイル開発の導入を支援しているDevOps/アジャイルヒーローたちにインタビュー。今回は、Pivotal Labsに話を聞いた。



AD: 住宅火災を防ぐための7つのポイント-政府広報
死亡要因の半数以上が「逃げ遅れ」!火災警報器・消火器・防炎品のお役立ち情報も紹介

Ads by Trend Match



Windows 10にリモートサーバー管理ツール(RSAT)をインストールしてWindows Serverを管理する

クライアントのWindows OSからリモートのWindows Serverを管理するには、「RSAT(Remote Server Administration Tools)」というツールをインストールする必要がある。管理対象のサーバに応じて、2種類のRSATツールが利用できる。



エンドポイントのセキュリティ対策を自動化するポイントとは――クエスト・ソフトウェア

@ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、クエスト・ソフトウェアの講演「エンドポイントをより堅牢に!可視化・制御・復旧の自動化により、管理者側でリスクをコントロールする方法とは?」の内容をお伝えする。



セキュリティにおいて“前提条件”になった「ログ管理」そのポイントとは――インフォサイエンス

@ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、インフォサイエンスの講演「ログから始める!サイバーセキュリティとクラウド運用」の内容をお伝えする。



デジタル革命時代の賢い業務アプリの守り方とは――F5ネットワークスジャパン

@ITは、2018年2月7日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、F5ネットワークスジャパンの講演「先進事例!デジタル革命時代の賢い業務アプリの守り方。」の内容をお伝えする。



オンラインログイン試行回数の4割がサイバー攻撃目的――Akamaiレポート

Akamaiの四半期レポートによると、2017年11月にはオンラインログイン試行回数の約4割が悪意あるものだった。



PR: “名ばかりCSIRT”から脱却する「AIと人が共存する運用サイクル」とは?

WannaCryや不正アクセスによる情報漏えいなどサイバー攻撃被害が頻発している近年、企業のセキュリティ意識は着実に高まり、多くの企業がインシデント対応の専門組織「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」に関心を寄せつつある。だが、ノウハウがなく設置すること自体が難しかったり、設置してもインシデント発生時にうまく運用できるか不安があったりと課題を抱えている企業が非常に多いようだ。では、一体どうすれば自社や自社を取り巻くステークスホルダーを守れるCSIRTの構築や運用ができるのだろうか? 20年近く社内CSIRTの運用実績を持つNECに、そのポイントを聞いた。



PR: 富士通に聞く、ハイパーコンバージドインフラの「本当の話」

広告などでは「簡単・シンプル」とうたわれることが多いハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、実際に導入・運用する視点に立つと、まだまだ情報が十分とは言えない。そこで本稿では、HCI製品「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN」の企業導入が急速に進展しているという富士通に、HCIのありがちな疑問や不安を導入・運用担当者の視点でインタビュー。HCIの「本当の話」を聞いた。



PR: NASAジェット推進研究所とEntrust Datacardの挑戦に見る、セキュリティと利便性を両立するポイントとは

環境の変化や政府が求めるセキュリティ基準を踏まえ、ユーザーに制約を課すことなくセキュリティを強化するためのポイントとは何か。エントラストジャパンのカントリーマネージャーである堀川隆治氏が行った「NASAジェット推進研究所が選んだ認証セキュリティ」という講演からそのヒントを探る。



PR: 大阪ガス、オージス総研、IBMに聞く、機械学習とデータ活用を阻む「壁」の壊し方

機械学習とデータ活用を阻む「壁」を壊し、機械学習の持つ真のポテンシャルを引き出すにはどうすればいいのだろうか。大阪ガス、オージス総研、IBMに、企業のデータサイエンティスト、システムインテグレーター、分析技術の専門家というさまざまな視点の見解を聞いた。



PR: 「Airペイ」でお店やお客の抱える「不」を減らし、キャッシュレス化社会を推進する

リクルートライフスタイルとリクルートペイメントは、AirレジやAirペイなどのサービスを通じて、会計や決済処理にまつわるあらゆる煩わしさをなくし、ひいてはキャッシュレス社会の到来を支援したいと考えている。



PR: パーソルホールディングスはOracle Cloudをどう使い、どう評価したか?

国内最大級の人材サービス企業として、膨大な数の求職者/取引企業のニーズに応え続けているパーソルホールディングス。超ミッションクリティカルなシステムと膨大なデータを持つ同社は、他業種以上にスピードと柔軟性が求められる人材サービス業において、どのようにクラウドを使いこなしているのだろうか。Oracle Cloud導入の経緯と評価を詳しく聞いた。



サイバー攻撃の標的は仮想通貨へ、トレンドマイクロがセキュリティ動向報告書2017年版を公開

トレンドマイクロが公開した世界のセキュリティ動向を分析した報告書によると、2017年のサイバー犯罪者の狙いが仮想通貨に拡大。その他、WannaCryの被害が依然として世界的に増加し、ビジネスメール詐欺が拡大する恐れがあることを報告している。



Nutanix、ソフトウェアライセンスを日本国内で提供開始

ニュータニックス・ジャパンは2018年2月27日、日本国内における同社ソフトウェア「Enterprise Cloud OS」単体ライセンスの正式提供開始を発表した。このソフトウェアライセンスプログラムは、複数の意味で興味深い。



Windows 10の「Xbox」などのビルトインアプリを削除する(10AppsManager編)

Windows 10には、デフォルトで「メール」などのビルトイン(内蔵)アプリがインストールされている。しかし、これらのアプリは簡単にアンインストールできないものも多い。そこでこれらのアプリを簡単にアンインストールできるツールを紹介する。



意外と深い場所にあった、エンドポイントセキュリティのエンドポイント

お昼のカレーがマルウェアだった場合、エンドポイントは胃袋になります。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。



AD: お子さんの進学・在学に!「国の教育ローン」-政府広報
高校や大学等の教育費はいくらかかるの?国の教育ローンの利用方法はココから!

Ads by Trend Match




最新情報   トップページ